当法人は、平成15年10月設立以来、“で愛”事業「若者晩婚解消定住育成支援事業」として継続的に少子化対策に取り組んでおり、その一環として、社会貢献活動(ボランティア)独身男女の出会いの場となる「で愛の場創出」に取り組んでいます。

この度、浜田市より平成26年委託調査事業{若者の結婚意識向上支援事業}の委託を受け企業等に対し従業員の結婚に関する意識調査を実施することとなりました。

まずは事業目的を説明いたします。地域ボランティア団体が中心となって、若者の結婚支援をする中でいくつかの課題が明らかになってきました。例えば、一昔前と比べて、職場や地域での団体活動の衰退によって、若者が同じ目的で集い、活動する場面が少なくなってきたことがあげられます。また、個人の意思の尊重からか、職場や地域でのお見合いや結婚支援も減少の一途をたどっています。このように、結婚に向けた後押しをする環境が身近なところから消えてしまっています。

そこで、若者の結婚のきっかけや結婚後の支援に大きな影響を及ぼす企業等を対象に、社員等の幸せと企業等の発展につながる婚活支援のあり方を見出していきたいと考えています。一方で、結婚に関する悩みが解消できず躊躇している状況があれば、行政等と連携して電話等による相談窓口の開設を図り、本人のみならず企業等への支援も視野に入れています。

生涯にわたって人が豊かに生きることができ、かつ持続可能な社会も実現できるよう、この調査を足がかりに、成婚数の増加に貢献したいと考えています。

 

助言者

香川大学生涯学習教育研究センター  センター長  清國 祐二 教授

浜田市地域政策部 政策企画課 定住推進係  担当者

この事業にあたっては、上記の方々に御意見やご助言をいただいております。深く感謝の意を表します。